地盤・基礎

強固な地盤を活かし耐震性に配慮された、頑丈かつ安定した建物の土台と基礎です。

基礎概念図

「ヒルトップ横濱根岸」は、将来に渡って安心・安全な暮らしをお届けするため、ボーリング調査の結果により地盤に適した建物の基礎を選定しています。今回は現地の強固な地盤を活かし建物の荷重を底面全体にて地盤に伝えております。

躯体構造(鉄筋)

ダブル配筋概念図(18cm 壁の場合)/ダブル配筋断面図

壁ダブル配筋

[躯体強度をさらにアップ]

縦横に組んだ鉄筋を、壁芯を挟んで二重に配するダブル配筋を採用(一部除く)。これにより地震時の揺れに対して粘り強い壁が実現します。また、主要な壁の構造強度が増し、建物全体の耐久性を高めます。

柱配筋概念図

柱配筋

[地震でもせん断されにくい鉄筋]

柱の帯筋は90m〜100mm ピッチで配置し、柱の主筋とともにコンクリートをしっかりと拘束。柱が粘りを持ち、地震の横揺れに強く、耐震性に優れた構造です。

鉄筋コンクリート造

[良質な素材を使って施工]

圧縮に強いコンクリートと引張りに強い鉄筋を一体構造とした鉄筋コンクリート(RC)造は、耐久性・耐火性・耐震性にとても優れています。

躯体構造(鉄筋)

かぶり厚表/柱の断面図(模式図)/コンクリートかぶり厚概念図

かぶり厚

[鉄筋を守る厚いコンクリート]

かぶり厚とは、柱などを構成する鉄筋の外側に、どれだけのコンクリートが覆われているかということをいいます。鉄筋とコンクリートからなるマンションを長持ちさせるために、鉄筋をアルカリ性のコンクリートで覆い、空気との接触を遮断して鉄筋が錆びるのを防いでいます。よって、施工の質が低くかぶり厚が不十分だと、鉄筋が錆びやすく耐久力が弱いということになります。「ヒルトップ横濱根岸」では、かぶり厚を下図の通りに確保して、耐久性を高めています。また、外壁仕上げをタイル貼り等にすることにより、美観上の他に、コンクリートの中性化を防ぐ効果があります。

劣化診断(ヒルトップ横濱根岸「劣化診断報告書」参照)

マンションの圧縮強度推定調査を第三者機関により現地調査した結果、当マンションは各階においてコンクリート圧縮強度推定値が設計基準強度を上回っていること及び、かぶり部分のコンクリートの中性化を調査し劣化の進んでないことを確認しています。

断熱対策

断熱性に配慮しています。

屋根及び最上階の天井概念図

断熱範囲

[最上階の暑さを緩和]

屋上には外部側へ断熱材を敷いており、太陽の日射による最上階住戸の温度上昇を抑制しています。

外壁概念図

外壁断熱

[優れた断熱性・耐久性を確保]

屋上、外気に面する壁、更に最下階の床下に断熱しております。

※昭和63年12月熊谷組一級建築事務所作成の竣工図(設備図)による
※トーセイ株式会社は2010年9月に当物件を取得し、その引渡時に取得した竣工図面を基に作成しておりますので現状と異なる場合があります。その場合は現状を優先致します。

資料請求はこちら来場予約はこちら

このページの先頭にもどる

  • コミュニティサービス

販売価格